それぞれの業者での注意点は

Posted by momslupusmagic.com in 業者 on 5月 20th, 2014 |  
ゴミ処理の山

一般廃棄物の処理業者は市町村長の許可になりますので原則として市町村をまたいで廃棄物を運搬することはできません。

産業廃棄物の収集運送業の許可は荷物の積み下ろしをする都道府県の許可が必要です。
収集する県と処分場の県が違う場合はそれぞれでの許可が必要になります。
排出する廃棄物によって処分の依頼業者と処理許可の確認が必要になるため自分の出す廃棄物が何にあたってどの業者に処理を出すべきかをきちんと把握することが重要にです。

一般廃棄物と産業廃棄物の違い

Posted by momslupusmagic.com in 業者 on 5月 20th, 2014 |  
一般家庭ごみ

一般廃棄物の収集運送業は市町村長の許可となります。
市町村長の裁量によるところが大きいため市町村によっては許可を取りたくても取れないところもあるそうです。

一方産業廃棄物の業者は都道府県知事などによる許可となっていて、許可の要件がそろっていれば許可を出すことが原則となっています。
そして、処理許可も品目ごとに出すことになっているので扱う品目も考えて許可を取得必要があります。
その許可を得ることによって混合廃棄物の処分ができるようになるのです。

廃棄物処理施設

Posted by momslupusmagic.com in 業者 on 5月 20th, 2014 |  
一般ごみ

日本では環境汚染のリスクを減らすために安心で安全に処理を専門の施設で行なっている様です。廃棄物は主に家庭から出る一般廃棄物と会社や工場から出る産業廃棄物などがある様です。

日本全国には廃棄処理するための施設は沢山ありますが、その処理を不安に思う人達から施設の建設に対しての地域住民の反対運動が起こることもある。廃棄物施設についての情報は市役所や県庁に行って、自分たちが住んでいる地位奇異はどのような処分施設があるのかを聞く事ができるという事です。

混合廃棄物とはどういったものか
混合廃棄物とはいくつかの産業廃棄物が混合して排出されたものです。
たとえばシュレッダーダストなどのような発生段階で金属や紙プラスチックなどが混ざり合ったものも混合廃棄物になります。

混合廃棄物の処分方法として気を付けなければならないのはその混合したごみのすべての廃棄物の処理許可を取得している業者に処分の依頼を出さなければならないということです。
依頼を出す際には許可書などで処理許可の状況をしっかりと確認する必要があります。

分別

Posted by momslupusmagic.com in 業者 on 5月 20th, 2014 |  
沢山の雑誌ゴミ

家庭などから出る一般廃棄物とは違い混合廃棄物は、建設工事現場や解体現場から出るガラスくずやがれき、木くす、廃油などの様々な素材が混じりあった廃棄物のことを呼ぶということです。

この混合廃棄物は分別が困難なためにリサイクルされるのは20%前後という低さがある。リサイク率を上げるために建設業界では従来おこなわれていた方法「ミンチ解体」をやめて、色々ある種類の素材を現場で徹底する様にしているという事です。しかし、分別を徹底すると運搬回数が増えるなどの問題もある。

一般廃棄物について
家庭から出る生ゴミなどの可燃ごみや家具やTVなどの不燃ごみのことをそう呼ぶという事です一般廃棄物は燃え殻、廃油、廃プラスチックなど20種類以外の廃棄物と定義されている様です。

日本全国の家庭から出る一般廃棄物の量は年間で4000万t以上で、一人当たり1キロ前後のゴミを出している様です。一般廃棄物の処分は原則として住んでいる地域の市町村が行なっていますが、最終処分場での埋め立て処理を超える多くのゴミが増加している現状がある。

廃棄物の処理方法

Posted by momslupusmagic.com in 業者 on 5月 20th, 2014 |  
雑誌ゴミ

混合廃棄物の処理方法は、各業者が処理を行いますが自治体によって条例が違うために日本国内でも処理の実態はばらつきがあるのが現状です。企業イメージを損なう恐れがある為に、各事業者は責任を持って処分していることがほとんどです。

しかし残念ながら中には経費削減の為に不法投棄をする悪質な業者がいるのも実情です。環境保全に対する意識の高まりが近年増しているので、クリーンなイメージの業者が生産活動の中で勝者になることでしょう。

© Copyright 2014 一般廃棄物及び混合廃棄物の法律上の分類と処理業者 | Theme by Wordpress themes